AWS Partner Advanced Tier Services

AWS & Goole Cloud ノウハウ

「CentOS 8」の代替OS。
AWS上で使える無償OSおすすめ3選

  • AWS初心者
  • AWS入門
  • AWS移行
  • AWSマイグレーション
  • AWSのOS

2021年12月31日でサポート終了を迎えた「CentOS 8 (CentOS Linux 8)」。サポート終了を機に、アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)へ移行を検討中の方も多いのではないでしょうか。

AWSは多数のOSをサポートしており、CentOS 8の代替OS候補は数多くあります。本稿では、CentOS 8を利用中でこれからAWS移行を検討される方へ向けて、代替OSの選び方や、おすすめの無償OSを紹介します。

CentOS 8サポート終了問題

AWSで利用する代替OSを検討する上で、まずは問題の発端となった「CentOS 8サポート終了問題」について見ていきましょう。CentOSの概要、サポート終了時期、サポート終了の影響について紹介します。

CentOS Linuxとは

CentOS Linuxは、Red Hat社が提供する有償ディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」を元に、Red Hat社の商標に関わるものや有償製品を取り除いたクローン製品です。

以降はRed Hat Enterprise Linuxを「RHEL」と呼び、CentOS LinuxなどRHELのクローン製品を「RHELクローン」と呼びます。

RHELは多数の実績と高い安定性を誇り、サポート期間も「約10年」あることから商用サービスで広く使われています。CentOS Linuxは「RHELに準じた製品が無償で利用できる」ため、高い人気を誇ります。

CentOS 8は2021年12月31日でサポート終了

最新バージョンのCentOS 8は「2029年までサポート予定」でしたが、「2021年12月31日でサポート終了」と期限が前倒しされ、利用中のユーザーに大きな混乱を与えました。次バージョンとなるCentOS 9はリリースされず、前世代のCentOS 7のサポートも「2024年6月末まで」となります。

CentOS 8サポート終了による影響

CentOS 8のサポートが終了しても、利用中のシステムが今すぐ動かなくなるわけではありません。しかしサイバー攻撃の数や脅威が増している昨今、サポートが切れた状態で利用し続けることは大きなリスクを伴います。

新たな脆弱性問題が見つかっても「対策パッチ」が提供されず、脆弱性リスクに対し「ノーガード状態」となります。脆弱性を狙われた結果、情報漏えいやサービス停止など「お客さまの事業に影響を与える問題」を引き起こす危険性を秘めているのです。

これら問題のため、サポートが切れた状態で利用し続けることはおすすめできません。特に2021年12月31日にサポートが切れるCentOS 8をご利用中の方は、早急に他のディストリビューションへの移行を検討しましょう。

AWSで使える代替OSの選び方

代替OSを検討する場合、「移行のしやすさ」「費用の有無」が選定のポイントになります。移行の負担がなるべく掛からず、費用が抑えられれば移行はスムーズに進みます。

AWSで利用する代替OSは、CentOS 8以外の「無償で使えるRHELクローン」がおすすめです。RHELクローンのメリットと選び方は、以下になります。

RHELクローンのメリット

RHELクローンに乗り換えるメリットは「CentOS 8とほぼ違いがなく移行しやすい」ことです。OS移行はユーザーにとって大きな負担となるため、「移行負担が少ない」ことが最大のメリットとなります。

CentOS 8と同様に「無償利用できるOS」を選ぶことで、費用負担が少なくて済み、移行計画が立てやすくなります。

RHELクローンの選び方

どのRHELクローンを選択するかは、「各ディストリビューションの特長」「利用者数の多さ」「コミュニティーの充実さ」を参考にするのが良いでしょう。

利用者数やコミュニティーの充実さは、「情報収集のしやすさ」や「アップデートの頻度」に影響を及ぼします。開発元の信頼度が高く、利用者の多いRHELクローンを選ぶことをおすすめします。

AWS上で使える無償OSおすすめ3選

ここで、CentOS 8の代替としておすすめする「AWS上で使える無償OS(RHELクローン)」を3つ紹介します。

AlmaLinux

AlmaLinuxは、CloudLinux社が主導したコミュニティーで開発されているRHELクローンです。AlmaLinuxの最大の特長は、何といっても「開発の早さ」が挙げられます。

CentOS Linux終了のお知らせが出てから「わずか3カ月でAlmaLinux正式版をリリース」しました。CentOSと同等以上の提供速度で、RHELの更新に追随しています。

多くのユーザーが懸念する「セキュリティアップデート」についても、CentOSと遜色ない速度で提供されており、ユーザーにとって安心感が持てます。

Rocky Linux

Rocky Linuxは、CentOSの共同設立者「Gregory Kurtzer(グレゴリー・クルツァー)氏」が立ち上げたコミュニティーで開発されているRHELクローンです。

CentOSの代替として「RHELと100%互換性を保つような設計」を目指し、コミュニティー主導で開発が進められています。コミュニティー主導のため「企業の利益や販売方針の影響を受けない」のが特徴で、コミュニティーのユーザーから期待を集め支持されています。

2021年4月30日に「Rocky Linux 8.3 Release Candidate 1」がダウンロード可能となり、2021年6月21日に「正式版」がリリースされました。

Amazon Linux 2

Amazon LinuxはAWSより提供される「Linux サーバーOS」です。現在は「Amazon Linux AMI」と、その次世代バージョンにあたる「Amazon Linux 2」が提供されています。Amazon Linux 2は「2023年6月30日まで」サポートを受けることが可能です。

RHELクローンに該当するため、「CentOS」を使ったことがあるユーザーなら、違和感なく使用できます。Amazon Linux2には、「AWS CLI」などAWSで使えるサービスが始めからインストールされており、「AWSサービスと相性が良い」のが特徴です。

Amazon Linux 2は追加料金なしで利用できます。Amazon EC2インスタンスや他のサービス実行時は、Amazon EC2およびAWS標準料金が適用されますので注意しましょう。

まとめ

CentOS 8サポート終了問題はユーザーにとって悩みの種ですが、AWS移行を決断するきっかけにもなり得ます。コロナ禍で加速する「DX推進」に伴い、多くの企業が自社データセンターの管理・運用システムを、AWSを始めとするクラウドサービスへ移行しています。

AWS移行は「自社のDX推進」につながるため、今回紹介したRHELクローンを用いたAWS移行を検討してみましょう。

もし無償のRHELクローン利用に不安があり、サポートを重視したい場合は「有償のRHEL」の選択肢もあります。また、サポート終了期限が2024年まで残っている「CentOS 7」を利用中の方は、「CentOS 8ユーザーの移行先」を見てから判断するのも良いでしょう。

もし代替OSの選定、移行先のAWS上のシステム設計・移行作業などお迷いでしたら、計画の早い段階からAWS公認のAWSパートナーに相談してみることをおすすめします。

AWSパートナーである「CloudCREW」では、オンプレミスの環境分析、移行方法や計画策定に始まり、AWS導入後の安定運用を見据えた運用設計・管理までワンストップでサポートいたします。AWSへの移行に興味がある方は、対面/電話/Zoom等による無料相談窓口をご用意していますので、お気軽にご相談ください。

参考文献

  1. AWS, Amazon Linux 2, 2022年2月10日アクセス.
  2. AWS, AlmaLinux OS 8 (x86_64), 2022年2月10日アクセス.
  3. AWS, Rocky Linux 8 (Official), 2022年2月10日アクセス.
  4. AWS, AWS での Linux を見つけて、購入、デプロイ, 2022年2月10日アクセス.

おすすめのAWS活用支援サービス

PREFERRED SERVICE SOLUTION

充実したアセスメント支援
AWS請求代行

AWS請求代行サービスは、AWS利用料の3%割引、円建て請求書対応、クラウド活用に役立つアセスメント支援など手厚いサポートを受けられる法人向け請求書払いのサービスです。

詳細を見る

AWS監視・運用代行
マネージドクラウド

主要クラウド資格認定者による運用設計をベースに、クラウド環境の監視、障害対応、運用・保守まで一貫したサービスをご提供いたします。
監視体制の立ち上げに最適なエントリー・パッケージから、よりハイレベルな可用性を実現するオーダーメイド・パッケージまでそろえて、お客さまの運用効率化を支援いたします。

詳細を見る

定額&フルマネージド
AWSマネージドパック

定額利用できるAWSのオールインワン・パッケージです。ディザスタリカバリ対策に主眼を置き、高可用性と耐障害性を重視して設計・構築されたAWS環境を最短3営業日でご用意いたします。監視・運用、技術支援、サポートまで網羅するフルマネージドサービス付きだから、導入後の運用・保守も安心。日本円による請求書払いにも対応しています。

詳細を見る