導入事例

AWS Partner Advanced Tier Services

人気ゲームのAWSインフラ移管で、
パフォーマンスやセキュリティを向上しながらコスト削減を達成
膨大な移管業務なのに圧倒的に足りない時間、
それでも的確なAWS環境の見直しで、納期もコストも問題なくクリア

Case study

株式会社キングポーン 公式サイト


株式会社キングポーン

業種
情報通信業/広告業
本社所在地
〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町34-4 日本橋ウッドフィールド4F
公式サイト
https://kingpawn.jp/
ソリューション
  • ゲームおよびオンラインコンテンツの企画、制作、開発、運営
  • ゲーム開発、マーケティングに関するコンサルティング業務
  • 映像、音楽などのコンテンツ企画、制作、製造および販売
  • 各種出版物の企画、制作、販売および、広告代理店業務
  • セールスプロモーション企画、立案
  • 広告デザイン企画、制作、広告代理業
  • AWS
  • AWS移行
  • データベース移行
  • AWS運用
  • 高可用性
  • コスト削減
  • AWS請求代行
  • マネージドクラウド for AWS
  • プレミアムサポート

株式会社キングポーンさまは、ITシステムやスマートフォンアプリの企画、開発、運営等を業務とし、最近ではさまざまな企業さまのアプリケーションやゲームタイトル向けに、技術提供や人材協力などに対しサポートを行っています。社員には、クライアント・サーバーエンジニア、企画プランナー、グラフィックデザイナー、シナリオライターなどが在籍し、多様な人材をアサインできる能力を有しています。今回、ある人気ゲームアプリのパブリッシャー変更に対応するため、移管元から自社のAWS環境に移管することを決定し、CloudCREW byGMO(以降、CloudCREW)に環境構築のサポートや運用監視を依頼しました。本移管作業のキーパーソンに、CloudCREW選定の理由や移管後に得られた効果についてお聞きしました。

CloudCREWを評価した理由
Reason to value CloudCREW

  • 相談時のレスポンスの速さ
  • コストパフォーマンスの良さ
  • 最新情報にアンテナを貼り、そこから得る知見の深さ

解決された課題
What CloudCREW resolved

  • ゲームアプリの移管作業
  • 開発環境と本番環境の区分けによるセキュリティ構築
  • ログ収集機能の構築
  • 運用と監視業務の対応

インタビュー
Interview

インタビュイー紹介

株式会社キングポーン
経営企画室付統括
ディレクター/エンジニア
川堰 大輔(かわせき だいすけ)氏
サーバーエンジニアという技術スキルを有し、社内では現場と経営側を繋ぐ業務を主とする。今回は、移管プロジェクトにおける自社向けAWS環境構築のリーダーを務める。

ゲームアプリの移管業務が発生、自社AWS環境における再構築を目指す

―今回、他社で運営されているスマホゲームアプリをキングポーンさまに移管し、新たにAWS環境にシステムを構築されたそうです。具体的には、どのような要件だったのでしょうか。

弊社としては、ゲームの移管作業は3回目です。しかし、今回のようにパブリッシャーを担い、AWS環境を全部という大規模な移管は初めてでした。ゲームアプリの環境構築だけでなく、パブリッシャーも私たちになりますので、自社アカウントのAWS環境を利用する必要がありました。

当初はまるごとコピーして自社だけで運営という案もありましたが、24時間365日の監視対応だけでも自社の限られた人員では難しいと考えました。安全策という意味でも、外部に協力を依頼することにしたのです。また、AWSのパートナー企業を利用することによる割引も見込めるというので、ネット検索で料金の支払い代行も可能なAWSパートナーを探しました。せっかくの機会ですので、ゲームアプリの運用を見直し、パフォーマンスやコストなど、さまざまな面での適正化を目指したのです。

―ネット検索によるAWSパートナー調査から、CloudCREWに依頼するまでの経緯をお教えください。

CloudCREWを含め5社に見積もり依頼を行いました。まずCloudCREWがずばぬけていたのは、こちらの問い合わせに対するレスポンスの速さです。問い合わせ実施後、数時間で直接電話をいただきました。すぐに見積もりのための打ち合わせを要望されまして、打ち合わせを実施し、その後の2回目の打ち合わせでは、エンジニアの方も含めた対応チームを編成したと、ご紹介いただきました。すごいスピード感だと感心しました。

今回の移管は、時間的な制約もある内容でした。サーバーは私たちが構築したいと考えていて、その時の技術サポートや運用と監視を外部にお願いしたいという変則的な依頼内容であったにも関わらず、CloudCREWの見積もりが大変リーズナブルだったのも大きなポイントです。

比較検討した別の企業は、スケジュールの面から費用が高額なところや、サーバー構築もすべて担当したいと当方の条件とはあわないところもありました。CloudCREWはこちらの要望に応えてくれたので、決められました。現在、移管は終了して運用も監視も行われていますが、ほんとうにCloudCREWに依頼して正解だったと思っています。

移管作業では多様な提案を含め、納得のサポートを受ける

―AWS環境の移管作業を通して、受けたサポートにはどのようなものがありましたか。

開発環境を作るにあたって有益な提案をいただきました。開発環境と本番環境が同じネットワークゾーンに入っていると、開発環境を触っているつもりが本番環境だった……といった、意図せずアプリが止まる大事故につながるリスクがあります。環境ごとにネットワークを分けておけば、その事故が防げますので、環境ごとにゾーンを分ける提案をいただきました。

私たちは、サーバー構築など、開発環境を用意することができるのですが、ネットワークのゾーンを分けるという提案はピンと来ませんでした。しかし提案通りに実施していただいたら、すごくフィットしました。セキュリティ的にも良好な状態を保(も)てていて安心感も高くなり、本当に助かりました。

作業の後半になってからログの集計の要件も追加となり、こちらも対応していただけました。ログの集計は移管元のシステムを代用する予定だったのですが、条件が見合わず、結局弊社のAWS環境で巻き取ることになったのです。CloudCREWにログの仕様を伝え、集計の仕組みの構築も依頼しました。

途中からの依頼にもかかわらず、本番稼働時から意図した通りに稼働しました。実は少し問題が発生したのですが、許容範囲内ですぐに改善されました。移管元の仕組みでログ集計をするより、運用コストの面でもメリットがありました。他にもCDNをAkamaiからAmazon CloudFrontへ乗り換え、運用コストを最適化しています。

移管当日を無事乗り切り、その後は細かな調整で安定運営を目指す

―リリースはスムーズに行えましたでしょうか、そしてその後の運営ではいかがですか。

本番リリースの前にデータベースのメンテナンスがどうしても必要で、3日ほどゲームを停止しました。ユーザーの皆さんを待たせることになり、その後の再開でトラブルがあっては大変ですから、従来環境の数倍のパフォーマンスを出せる環境を用意しました。サーバー台数に関しては3倍、データベースは2.5倍ぐらいスペックを上げて、ユーザーさんの来場を待ちました。実際、移管当日はすごいアクセスがあり、アプリ側で少し障害が発生しましたが、AWS環境では大きな問題にはならず無事リリースを終えられました。

リリースのピークを超えた後は、CloudCREWと毎月定例会をしています。CloudCREWはユーザー動向を集計し、サーバー台数やデータベースのスペックなどを適正化する提案をしてくれます。ゲームアプリの活性化のために、毎月ゲーム内でのイベントを実施すると、トラフィックが増加するのですが、イベントのスケジュールについてもCloudCREWに共有しておき、動作環境の調整を依頼しています。

現在まで運用には問題なく、コストも想定した形になり、当初の目標だった環境の適正化が達成できたと考えています。

―今回の移管に関するゲームユーザーの評価や、その他の評価についてお聞かせください。

ユーザーさんの評価は、ネットでの書き込みから判断しています。ありがたいことに「前より面白くなった」「プレイ環境が悪くなることもなく以前のまま遊べている」といった声をいただきました。ごく一部に、移管に否定的な意見も見られましたが、移管後はなくなりました。

私たちは、今もゲームを楽しんでいただく何万人ものユーザーを大切にすることが、プロジェクトの目標であると認識しています。また、会社側からは、大きな問題が生じていない点と、コスト面での見直しが想定よりも良かった点について評価をいただきました。

CloudCREWについては、その働きぶり、知見の深さ、柔軟性がありがたかった

―川堰さまが感じられた、CloudCREWに対する評価についてお聞かせください。

安全かつ正常に稼働していて、障害がなくユーザーの皆さまにゲームを届けられているので、サービスに関しては問題ないと言えます。またAWSに関しても、CloudCREWは、相当アンテナを張ってあるので、新しい情報をこれからも提供いただけると期待しています。

実は、今回のログ収集の機能について、CloudCREWからはログを集計だけでなく、グラフ表示など可視化するサービスの提案も受けました。今回は、用途が合わなかったので利用は控えましたが、弊社が知らないサービスの提案をどんどんしていただけるので、次の展望が描きやすいです。こちらが大ざっぱに相談しても、詳細な提案を返していただけるのも助かっていますね。

今回の移管作業は、今まで5年間ほど稼働してきた人気のゲームアプリをまったく新しい環境に移管するという、挑戦的な内容でした。途方もない数のタスクがあり、CloudCREWにも数百のタスクを依頼しましたが、期限どおりに完了しました。私は、このようなタスク量を対応できる会社は、日本に何社もいないと思っています。

作業が始まれば、弊社のサーバーエンジニアと一つのチームになって対応を進めました。この一体感もありがたかったです。移管後も運用をお任せできるので、余裕が生まれたと実感しています。個人的には土日にしっかり休めるようになって、すごく助かっています!

AWSシステム構成図
AWS system configuration

AWSプロダクト

  • Amazon Athena
  • Amazon Aurora
  • Amazon EC2
  • Amazon ElastiCache
  • Amazon ELB
  • Amazon CloudFront
  • Amazon CloudWatch
  • Amazon Kinesis Data Streams
  • Amazon Lambda
  • Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)
  • Application Load Balancer
  • Network Load Balancer

CloudCREWのご利用サービス
Related service

  • マネージクラウド for AWS

    主要クラウド資格認定者による運用設計をベースに、監視体制の立ち上げに最適なエントリー・パッケージから、よりハイレベルな可用性を実現するカスタマイズされたパッケージまでそろえて、お客さまの運用効率化を支援いたします。

  • AWS請求代行

    初期費用&手数料0円で利用できるAWS請求代行(リセール)サービス「アセスメントクラウド」では、AWS利用料の値引き、円建て請求書払いなど、AWS導入メリットを高める特典を揃えています。

  • プレミアムサポート

    定常的に発生する運用作業や障害二次調査など、毎月一定時間の範囲でAWS監視・運用業務をおまかせいただけます。また、予防保守やコスト削減に寄与するシステム最適化など、AWS導入効果をさらに高めるご提案にも対応可です。

  • AWSアセスメントコンサルティング

    AWS上で稼動中のクラウド環境に対して、セキュリティ、パフォーマンス、運用、コスト面におけるアセスメントを実施いたします。そして、運用経験豊かなエンジニアが最適化のご提案を行います。