ノウハウ

AWS Consulting Partner Public Sector PartnerAWS Consulting Partner Solution Provider

[AWS入門] AWS移行成功の鍵「7つのR」とは?

  • AWS初心者
  • AWS入門
  • AWS移行
  • AWSマイグレーション
  • AWS移行戦略
  • 7つのR

オンプレミスで稼働している社内システムを、AWSへ移行しようと考えた場合、どのような手順で進めればよいのでしょうか。システムをクラウド化する作業は、単純ではありません。このため、しっかりと準備を行って進める必要があります。ここでは、AWSへの移行手順と、移行計画作成に重要な意味をもつ「7つのR」について解説します。

AWSへの移行手順

AWSへの移行は、大きく3つの手順に分けて行います。まずは「既存システム」の評価を行い、それをもとに「移行計画を作成」、そして実際に「移行作業(移行とアプリケーションの最新化)」を行うといった流れになります。それぞれどのようなことを行えばよいのか、概要をみていきましょう。

既存システムの評価

既存システムがどのように稼働しているか、また移行準備がどの程度進んでいるかを評価します。まずコストや生産性の向上などの、移行によって目指す効果を明らかにしましょう。そのうえで、短期的および長期的な目標やリスク、そして移行に関する問題点を洗い出し、検討します。

移行先となるAWSのリージョンやサービス、運用・統合プロセスについても、この時点で評価しましょう。事業戦略やガバナンスといったビジネス的な視点はもちろん、技術的な視点でも評価を行います。

移行計画を作成

既存システムの整理・棚卸しを行い、アプリケーションやデータベースについて、それぞれどのような方法で移行するかを分類します。ここで大切となるのが「7つのR」です。各アプリケーションやデータベースに対して、対応方法を7種類に分類します。

移行とアプリケーションの最新化

移行計画に基づき、移行を実施します。同時に、アプリケーションの検証も行いましょう。このとき、アプリケーションやデータベースの最新化やモダン化(モダナイゼーション)も行えれば、可用性やパフォーマンスの改善、向上が期待できます。

移行計画の策定に欠かせない「7つのR」とは

移行計画を作成するときに参考となるのが「7つのR」です。「R」から始まる7つの単語=移行方法に対して、既存システムを割り振ることで、移行計画が作成できます。

始まりは2011年に、調査会社Gartnerが「5つのR」として定義しました。そして2016年頃からAWSが「6つのR」として独自に展開。AWSは現在「7つのR」を提唱しています(2021年12月時点)。

それでは「7つのR」について、それぞれどのような方法なのか、みてみましょう。ここでは、上から作業が実施しやすい順番に並べています。

1.Retire(廃止)

不要と判断したアプリケーション・データベースを廃止、または削除します。

2.Retain(保持)

ビジネス上、AWSへ移行する理由がないシステムを、もともとの環境で稼働させ続けます。

3.Relocate(リロケート)

オンプレミスで稼働していたVMwareなどの仮想環境を、VMware Cloud on AWSに移行します。既存のアプリケーション・データベースには一切変更を加えずに、移行する方法です。

4.Rehost(リホスト)

既存のアプリケーション・データベースに手を加えず、そのままAWSに移行します。

5.Repurchase(再購入)

アプリケーションやデータベースを、既存製品から別な製品に切り替えます。例えば、ライセンスモデルの製品から、SaaS製品に切り替えるなどです。

6.Replatform(リプラットフォーム)

AWSの機能を活かすために、アプリケーションやデータベースを部分的に最適化し、移行します。

7.Refactor(リファクタリング)

AWS移行に伴い、クラウドネイティブな機能を最大限に活かすため、プログラムコードレベルでのアプリケーション改修や、データベースの改修・変換を行います。

移行計画の作成は、それぞれの既存システムをこれら「7つのR」に振り分けます。なお、既存システムで利用しているOSについても注意が必要です。AWSで利用できるOSはLinux/macOS/Windowsだからです。例えば、既存システムがSolarisで稼働している場合、「Rehost」しようと考えても実現できません。このような場合は「Retain」や「Repurchase」などでの対応が必要となります。

「7つのR」こそ、AWSへの移行を成功させる鍵

ビジネス上、不必要な既存システムまでAWSに移行してしまうと、ムダなコストとなりますから、まずはきちんとした既存システムの評価が大切です。また、移行が決定したシステムも、AWSの機能を活かせなければ意味がありません。このため、部分的に改修するのか、システムを切り替えるのかといった移行計画も重要となります。

このようにAWSへの移行は、既存システムの評価と、しっかりとした移行計画が必要です。そして移行計画を作成する際に役立つのが、AWSが提唱する「7つのR」であり、移行を成功させる「鍵」なのです。

参考文献

  1. AWS, クラウド移行の成功に必要なステップをグラレコで解説, 2021年12月アクセス.
  2. AWS, AWS Systems Manager ユーザーガイド, 2021年12月アクセス.

おすすめのAWS活用支援サービス

PREFERRED APN PARTNER

充実したアセスメント支援
AWS請求代行

AWS請求代行サービスは、AWS利用料の3%割引、円建て請求書対応、クラウド活用に役立つアセスメント支援など手厚いサポートを受けられる法人向け請求書払いのサービスです。

詳細を見る

AWS監視・運用代行
マネージドクラウド

主要クラウド資格認定者による運用設計をベースに、クラウド環境の監視、障害対応、運用・保守まで一貫したサービスをご提供いたします。
監視体制の立ち上げに最適なエントリー・パッケージから、よりハイレベルな可用性を実現するオーダーメイド・パッケージまでそろえて、お客さまの運用効率化を支援いたします。

詳細を見る

定額&フルマネージド
AWSマネージドパック

定額利用できるAWSのオールインワン・パッケージです。ディザスタリカバリ対策に主眼を置き、高可用性と耐障害性を重視して設計・構築されたAWS環境を最短3営業日でご用意いたします。監視・運用、技術支援、サポートまで網羅するフルマネージドサービス付きだから、導入後の運用・保守も安心。日本円による請求書払いにも対応しています。

詳細を見る