ノウハウ

AWS Consulting Partner Public Sector PartnerAWS Consulting Partner Solution Provider

AWS監視入門
監視ツール Zabbix(ザビックス)とは?<2021年版>

  • AWS
  • AWS監視
  • Zabbix
  • ザビックス
  • AWS初心者
  • AWS入門

24時間365日のAWS監視において重要な役割を果たすサーバー監視サービス/ソフトウェアですが、Amazon CloudWatch、Mackerelに並んで「Zabbix(ザビックス)」が人気です。当記事では、オープンソースの総合監視ソフトウェアであるZabbixの基本的な概要を解説いたします。

「Zabbix」とは?

Zabbixは、オープンソースの統合監視ツールです。

サーバー、ネットワーク、アプリケーションを集中的に監視することができます。多数のプラットホームに対応しているため、システム全体をZabbixで監視することが可能です。

例えば、Windows、Red Hat Enterprise Linux、商用UNIXや、SNMPに対応したネットワーク機器および、IPアドレスを保持する機器が監視対象です。

「Zabbix」の費用

Zabbixはオープンソースソフトウエアとして開発されており、無料でダウンロードし、利用することが可能です。そのため、コスト削減につながります。

オープンソースとは、ソースコードを公開し、多くの人が開発に携わり、どんどんバージョンアップしていく、共有材のようなものです。

「Zabbix」でできること

Zabbixでは主に以下のことが可能です。

①問題の検出

Zabbixでデータが収集されるとすぐに、収集されたデータを評価するプロセスが開始されます。

監視対象ホストから受信したデータに対してデータの持つ問題の状態を提供します。

トリガーの閾値(しきいち)に達すると、トリガーの状態がOKからPROBLEMに変わり、データがしきい値を下回ると元に戻ります。

トリガーは閾値によって深刻度が分けられています。

深刻度 定義
未分類 深刻度が不明
情報 情報の目的
警告 警告
軽度の障害 軽度なことが発生
重度の障害 重大なことが発生
致命的な障害 災害(財務上の損失など)

②予測

Zabbixでは問題を予測する機能が利用できます。Zabbixは受信データの傾向を分析し、物事がどのように進む可能性があるかについての予測を構築し、ユーザーが積極的に行動できるようにします。

受信データをもとに問題を事前に予測できるというのは便利ですね。

③履歴データ分析

現在のデータステータスを、少し前に取得したデータステータスと照合します。

同様の期間を比較することができます。例えば、今週の月曜日と前の月曜日、または今日の午後と2週間前の期間を比較できます。

これは環境への負荷が均一でなく、月曜日の朝と火曜日の午後を比較しても貴重な情報が得られない場合に非常に便利です。

④異常を検出する

ヒステリシスは、着信データが単純な閾値を中心に変動しているときに発生する可能性のあるフラッピングを回避できる優れた機能です。

フラッピングとは、ネットワーク上の経路が短期間で頻繁に変更されることを言います。

ヒステリシスには上限と下限があり、上限に達するとトリガーを問題のある状態にし、取得したデータが閾値を下回るとトリガーを通常の状態に戻します。

⑤依存関係

どのIT環境でも、1つのノードでの障害が他の障害の原因である場合、多くの依存関係があります。

ディスク容量が不足すると、データベースが実行されているOSに障害が発生し、依存関係が拡大する可能性があります。

依存関係が構成されていない監視システムは、数十または数百の通知を生成し、これらすべてのシステムがダウンしていることを通知する数百または数千の電子メールを送信します。

こんなにたくさんのメールを送信するのは負荷も大きくなってしまいますね。

「Zabbix」による監視対象/監視項目

さまざまなプラットホームに対応したZabbixでは、以下を監視対象、監視項目としています。

監視対象 監視項目
サーバー Web監視
ログ、Windowsイベントログ監視
プロセス監視
リソース監視
ポート監視
Ping監視
ネットワーク機器 SNMP監視
Ping監視
仮想サーバー ゲストマシンリソース監視
ハイパーバイザリソース監視

「Zabbix」のメリット、デメリット

Zabbixのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

多様なプラットホームに対応

Zabbix Agentを導入することでより高機能な監視が実現できます。Linuxをはじめ、Windows、AIX、HP-UX等非常に多くのOSに対応しており、非常に幅広い環境に対応可能です。

他拠点分散監視

複数拠点に監視機器が点在する場合でもZabbix Proxyにより監視を統合管理可能です。監視設定や監視結果の確認は1か所のZabbix Serverで完結するため効率良く管理できます。

デメリット

導入難易度が高い

Zabbixを導入するにあたって、サーバーの構築から始めなければなりません。Windowsであればコマンドプロンプトを使う手順もあり、コマンドに慣れていない担当者であれば苦労する可能性があります。

それ以外にもZabbixに必要なミドルウエアのインストール、各種設定など複雑な構築作業が必要となる点がデメリットです。

まとめ

今回は、監視ツール「Zabbix」についてご紹介しました。オープンソースソフトウエアであるため、無料で導入できるのがメリットだと言えるでしょう。

しかし、一方で自由度が高いがゆえに見やすいようにカスタマイズすることが大変というデメリットもあります。

自社でAWS監視をすべてまかなうのはコスト・人的リソース的にも負担が大きいです。夜間や祝日を含む「24時間365日対応」のAWS監視サービスを取り入れて、監視体制を構築/強化する方法もありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

自社で監視ツールを導入して、監視体制を組んでAWS監視を行うのも選択肢のひとつですが、実際はAWS監視にかかる人的リソースや業務負荷は増大する傾向にあります。

本業に集中するため、夜間や祝日を含む「24時間365日対応」のAWS監視サービスを取り入れて、Mackerel/Zabbix/CloudWatchを採用した監視体制を構築/強化する方法もあります。こちらも、同時に検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのAWS活用支援サービス

PREFERRED APN PARTNER

クラウドアセスメントイメージ画像

クラウドアセスメントイメージ画像

AWS請求代行&アセスメント支援
アセスメントクラウド

初期費用、手数料0円で手軽に始められる「アセスメントクラウド」は、AWS利用料の3%割引、円建て請求書対応、クラウド活用に役立つアセスメント支援など手厚いサポートを受けられる請求代行(リセール)サービスです。
AWS環境の最適化を図ると同時に、堅実なコスト削減効果を得られます。

詳細はこちら

マネージドクラウドイメージ画像

マネージドクラウドイメージ画像

AWS監視・運用代行
マネージドクラウド

主要クラウド資格認定者による運用設計をベースに、クラウド環境の監視、障害対応、運用・保守まで一貫したサービスをご提供いたします。
監視体制の立ち上げに最適なエントリー・パッケージから、よりハイレベルな可用性を実現するオーダーメイド・パッケージまでそろえて、お客さまの運用効率化を支援いたします。

詳細はこちら

AWSマネージドパックイメージ画像

AWSマネージドパックイメージ画像

定額&フルマネージド
AWSマネージドパック

定額利用できるAWSのオールインワン・パッケージです。ディザスタリカバリー対策に主眼を置き、高可用性と耐障害性を重視して設計・構築されたAWS環境を最短3営業日でご用意いたします。監視・運用、技術支援、サポートまで網羅するフルマネージドサービス付きだから、導入後の運用・保守も安心。日本円による請求書払いにも対応しています。

詳細はこちら